topimage

2012-08

「三人姉妹」稽古初日 - 2012.08.31 Fri

そんなこんなで本日、「三人姉妹」稽古初日でした。

後輩が教えてくれた、ロシアの100年前の写真を見た。
フィルターやら加工やらで当時の色彩を再現したもの。
とにかく、そんな昔のロシアの、そんな色の風景を見て、
なんというか半端じゃない感動があって、1枚1枚魅入ってしまった。
そりゃそうなんだ、セピアや白黒の世界な訳がないんだ。
100年前ももっと前も、色鮮やかな景色にひとは生きていたんだ。
勝手に今生きるわたしたちが、古いなにかにしてしまっているだけで。
ああ美しい。再現ということばで少し醒めてはしまうけれど、
それでもなんて美しいんだろうと思った。
布が丹念に編み込まれて縫い込まれて、水も空気もきれいだった世界。

うあーうあーって家の中でもじゃもじゃしながら出発して、
こういう時ってどんなに「準備万端だ!」と思っていても、多くの忘れ物があるもので、
そもそも若手は早くに集まって稽古場の支度をしなければならないのに、
あー!!!!と電車の中で気が付いたこのていたらくです。
顔合わせだもんな、と思っていた自分が憎くてたまりません。
駅に着いて即効でジャージを一式買い揃えてダッシュで稽古場へ向かうも、
既に多くのひとがアップを始めているその光景ったら。
自分に殺意。
なにが、がんばる、だ、と情けなくて情けなくて。
ただでさえ台詞もなくて、稽古初日っつったらがんばりどころそういうところなのに。

でも今日はとにかく稽古場があったかかったです。

チェーホフとかそういう古典ものって、
少なくともわたしは敬遠しちゃうのですが、
この「三人姉妹」は、見やすく、かつ、古典ものの重厚さを損なわないものになると、
初日ながらわたしは思いました。
読み合わせでそう感じました。
こういうファーストインプレッションというかなんというか、
そういうものを大事に、本番に臨みたいと思います。

読み合わせをして、宣材の写真撮影をして、解散。

わたしにとって、演劇集団 円の本公演、初めての出演です。
これのオーディションを受けた際に、かなり不勉強のまま挑んだのですが、
今こうして小間使い役としてここにいます。
研究所1年目の時に「夏の夜の夢」を同じ佐久間崇さんの演出で演りました。
でもきっと、というか絶対、あの時とは違う。

楽しい飲み会を終えて、暗い公園でのひとりのみを終えて、
ぼうっと考えること山のごとし。
久しぶりの(もしくは初めての)、ホームでの、お芝居です。

ああ、ああ、足らないなあ。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

Profile

杉浦慶子

Author:杉浦慶子
(すぎうらけいこ)

1987年9月2日生まれの
乙女座O型うさぎどし。
東京都出身。
演劇集団 円(円企画)所属。
だいたいコンビニ店員。

■出演履歴まとめはこちらから■

【声の出演】
「ガンダムGのレコンギスタ」(チッカラ)
「The 100」(インドラ)
「Black Sails」(アン・ボニー)
「SCREAM」(ティーナ)
などなど

■ざっくり経歴■
1987 生誕
2008 東京アナウンス学院放送声優科卒業
2011 演劇集団円(円企画)所属

New Entries

Comment

Archive

Twitter

Link

このブログをリンクに追加する

Mobile

QR