topimage

2017-10

セナカのハート - 2013.12.08 Sun

本日バイトもなく、デザイン業務にまとまった時間を取れました。いいぞ。
なんとかゴールが見えました。
って、総ボツくらったらスタート地点に行くまでまたすげえ時間かかるんですが。
ひとつ絵を描くのに、描くまでの構想がすごく時間かかるタイプ。
これだ!と閃いてからはものすごい早いんですが。ががが。
(早い分、凡ミスも、おお、い、けれ、ど、どどど)

夕方から観劇の予定も入れておりました。
今日こそは観劇すると意気込んでがつがつ作業して、無事観劇もできました。
今月いくつか行けなかった芝居があったもんですから悔しくて。ぎぎぎ
という訳で本日はダブルアップエンターテイメントの所属俳優で立ち上げた団体、
W007「セナカのハート」を観て参りました。@新宿シアターモリエール。
残念ながらまるで楽しめませんでした。
それぞれのキャラクターが確立していないのに個性的にしようとし過ぎている感が心地悪くて、
たぶんですがあまり舞台経験が多くはないのだろうなあ、という佇まいも心地悪くて、
とにかくいちばんの嫌悪感としては戯曲のテンポの悪さ。
ゆえに余計にそうなったのかもしれません、芝居もテンポが悪かった。
ため、もはやちょっと観ていられなくてつらかったです。
初々しくて清々しい役者もいましたが、からだの癖などがどうにも気になってしまってだめでした。
好みの役者がいないというのが絶望的で、うーんちょっとわたしはだめでした。
衣裳もややバランスが悪かったかな。
舞台×映画というコンセプトがあったようですが、
肝心の映画部分である映像のクオリティが低く、とても安っぽかった。なくてもよかったのではというレベル。
なんにせよ戯曲が気に食わない。
せりふの引用が多いことも気に食わない。創造性に欠ける。
唯一の救いは後輩の石本政晶。身内びいき抜きに、彼はきっちりそこにいたからよかった。
独自のキャラクターを活かして、輝いていたと思います。
姿勢も美しく、ことばも美しかった。あれはいっしーの生真面目さ賢さ、あと上品さが勝ったんだな。
他の役者も、あれだけキャラクターを濃くする演出があるなら、はめ込んで来て欲しかった。
男性陣はすべってるし女性陣は無理が見える。
うーん。まあでも、若手元気でなにより、というのは確かでした。フレッシュです。

観劇後はバイト先のかわいこちゃんとごはんでした。
もろもろ話して彼女の門限までに解散。
バイト先でいちばん話せる女子が彼女なので、
たまにこうしてばばあと遊んでくれるのがとても嬉しいです。
6歳離れてるんですが、しっかりしたあほの子です。かわいいわあ

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nu92.blog40.fc2.com/tb.php/1022-bbcb4a02
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

あと1週間 «  | BLOG TOP |  » にくにく

Profile

杉浦慶子

Author:杉浦慶子
(すぎうらけいこ)

1987年9月2日生まれの
乙女座O型うさぎどし。
東京都出身。
演劇集団 円(円企画)所属。
だいたいコンビニ店員。

■出演履歴まとめはこちらから■

【声の出演】
「ガンダムGのレコンギスタ」(チッカラ)
「The 100」(インドラ)
「Black Sails」(アン・ボニー)
「SCREAM」(ティーナ)
などなど

■ざっくり経歴■
1987 生誕
2008 東京アナウンス学院放送声優科卒業
2011 演劇集団円(円企画)所属

New Entries

Comment

Archive

Twitter

Link

このブログをリンクに追加する

Mobile

QR