topimage

2017-10

ウェルカム・ホーム - 2013.04.21 Sun

おやすみびー。でしたので、天才劇団バカバッカの公演を観に中野へ。
天才劇団バカバッカには一度出演しています。が、観るのは2度目。
「ウェルカム・ホーム」@テアトルBONBON。
変わらずのHIP-HOP精神と、エンターテイメント性はすばらしかったです。
ならではのグローバル性も、小劇場ではたぐいまれなのでは。
30人強の役者陣をどう扱っていくか今後期待しています。
なかなか捨てがたいのでしょうけれど、もう少し焦点を絞ったほうが見やすいかなあとは思うので。
座長である木村昴の、「ひとを喜ばせる・笑わせる」という才能はとても魅力的。
というかバカバッカでは、なにかに突出している人材が多く出演しているので、
それがうまいことリンクしてくと更におもしろくなるのだろうなあ。
いま既にかなりおもしろいので、個人技だけでなくなっていけば、と願っています。

こうした、多くのひとが観ていて気持ちのいい芝居というのはうらやましいです。
正直、新劇は観るひとを選ぶ。というか、観るひとが少ない。
とっつきやすい演劇というのはそれだけで魅力的です。
それだけってことないな、難しいことなのでしょう。
わたし自身、わかりやすく、単純に笑えて泣ける、といった作品がすきなので、
余計に羨望の念を抱いてしまいます。
できることなら演劇をふだん観ないひとのこころをがっつり掴みたい。というのがなかなか。
映画や小説だって同じことが言えると思うのですが、
演劇というのはどうにもこうにも足を運んでもらうことが困難であると感じています。
関わってみれば、とてもおもしろい作品ばかりなのですが、
それをどう伝えられるかが、わたしたち作り手の責任であり課題なのであるなあと思います。

今度やる「クライムス・オブ・ザ・ハート」も、とてもおもしろい作品なのですが、
おそらく一般の若者は退屈したり、そもそも観に行く気すら起きないのでしょう。
そこを打開していく策を見つけられるだろうか。

演劇を観る、ということを、新しい趣味にしてもらえるようにならないといけない。
これは演劇界に生きるひとびとの永遠のテーマなのかもしれません。

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nu92.blog40.fc2.com/tb.php/790-1e48f526
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

およびでない! «  | BLOG TOP |  » Happy Wedding !!

Profile

杉浦慶子

Author:杉浦慶子
(すぎうらけいこ)

1987年9月2日生まれの
乙女座O型うさぎどし。
東京都出身。
演劇集団 円(円企画)所属。
だいたいコンビニ店員。

■出演履歴まとめはこちらから■

【声の出演】
「ガンダムGのレコンギスタ」(チッカラ)
「The 100」(インドラ)
「Black Sails」(アン・ボニー)
「SCREAM」(ティーナ)
などなど

■ざっくり経歴■
1987 生誕
2008 東京アナウンス学院放送声優科卒業
2011 演劇集団円(円企画)所属

New Entries

Comment

Archive

Twitter

Link

このブログをリンクに追加する

Mobile

QR